転職者に、いまいちばん望まれている事柄は何でしょう。

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめ

転職者に望まれていることを知りたいなら、相手の立場で考えてみましょう。自分を雇ってくれる理由を考えれば見えてくるものがあるはずです。

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめのメイン画像

転職者に、いまいちばん望まれている事柄は何でしょう。

転職の面談では、自分が会社を辞めた理由を前向きに語るのも大事ですが、会社が自分を雇ってくれる理由は何か、相手の立場で考えると見えてくるものがあります。

■転職者には3つが同時に期待されている。

お分かりのことも多いと思いますが、中途採用の人材をあえて雇おうとする企業側の目的を3つあげてみたいと思います。

1つは即戦力です。

2つめが後輩の育成役としてです。

3つめが経営の屋台骨の強化です。

ゆくゆくその見込みがあれば、経営陣としての参画を希望する企業もあります。

どれが最初とか、順番ということではなく、転職者の多くにはこの3つの要件がめられていると考えていいでしょう。

■コンプライアンスも期待の1つになっている。

転職者に期待されている事柄の1つに「コンプライアンス」という事項があります。

コンプライアンスとは法令の順守という意味ですが、転職者には「社会的なルールや会社が定めたルールに則って、後輩をどう引っ張っていくか」という意味合いも含まれてきます。

もう一歩踏み込んで言えば、リーダーシップ、ガバナンス(企業統治)を磐石にするための参画です。

■会社が自分を雇ってくれる理由について、じっくりと考えてみましょう。

会社に望まれている事柄がはっきり見えてきます。

経験を積み人間としての成長を遂げてきた価値を認めて採用するわけですから、リーダーシップやガバナンスについての意欲は転職する側ももっておくべきです。

もちろん本人のスキルの高さがいちばんでしょうが、企業側から見た雇う理由には、多くの期待が含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加