営業担当の仕事で求められるコンプライアンスは?

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめ

営業に転職した場合はコンプライアンスとして社内情報・顧客情報の管理が一般的です。自社はもちろんの事、顧客の不利益とならないよう努めましょう。

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめのメイン画像

営業担当の仕事で求められるコンプライアンスは?

営業担当で同じ職種に転職した場合は戦力の強化が第1目的。

コンプライアンスとしては顧客情報の管理などが含まれます。

一応の準備はしておきましょう。

■社内情報の取り扱いと顧客情報の管理が中心。

転職して同じ職種で求められるコンプライアンスの類いというと、社内情報の扱い方全般についてです。

転職先の募集要項に特別な要件が書かれていなければ、会社側もコンプライアンス重視は当たり前のことだと思っているでしょう。

特別な取り組みをしている会社であれば、改めて詳しい説明があると思います。

顧客情報の流失には神経質になっているので、コンプライアンスの中でもそれに特化した講習を受けておくといいでしょう。

■中途採用の場合は即戦力。

後輩の指導役にも。

転職者の場合は、入社後すぐに管理職に登用されることが多いですから、情報管理や法務に関する知識が求められる機会は確実に増えます。

後輩の指導を任される可能性も出てきます。

資格取得までは行わなくても、知識習得のためのセミナーには転職前に通っておきましょう。

面談時のポイントが上がります。

セミナーに参加する時間がなければ、通信教育や24時間対応のオンライン講習もあります。

■事前準備とはいえ気負いすぎると空回りします。

まず自分の本分をしっかり準備し、万全を期しましょう。

転職の理由がどんなものかは知りませんが、理由としてあげた物事と、自分の本職については完璧にこなせるよう準備すべきです。

そのうえで転職先の会社概要や募集要項から推測できるコンプライアンス領域をピックアップし、準備しておくと面談時のトークに使えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加