辞めた理由は労働条件の不備。述べてもいいですか?

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめ

たとえ辞めた会社に100%の非があっても、それを転職の面談で語ってプラスになることはありません。

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめのメイン画像

辞めた理由は労働条件の不備。述べてもいいですか?

転職の面談で、前の会社への怒りをぶつけるように不平不満を語る人がいます。

しかしそれは何の役に立つでしょうか。

面談や転職の意味を考え直してみましょう。

■企業が自分を雇うメリットとは何か?

辞めた理由がたとえ労働条件の不備であっても、それを頭から話してしまうというのは感心しません。

それではまるで労働条件のいい会社を探して転職しに来たみたいです。

事実がそうでも企業側からしてみると採用するメリットがありません。

転職はあくまでも企業側の利益を第一に考えるべきもの。

それが就職活動における自分のプレゼンテーションです。

■自分がいかに貢献できるかを語る時間。

プレゼンテーションとは、「自分を雇ってくれたら御社にはこのような得があります」と売り込む時間です。

「福利厚生の条件を良くしてください」というのでは単なる陳情であって、交渉する相手が間違っています。

第1には自分の専攻分野と実積、キャリア。

次に自分の得意な技術分野、自分の強みを簡潔に語りましょう。

さらに言えば、企業のいまいちばんの関心事となっているコンプライアンスについても勉強しておくべきです。

■企業はあなたのやりたいことに給料を払ってくれる組織ではありません。

あくまでも企業への貢献度に対する対価です。

辞めた理由の責任が100%前の会社にあるとしても、そのことを口走ってしまえば転職者自身の評価は間違いなくマイナスになります。

そのようなことより企業側の目線でみれば、コンプライアンスやガバナンスなど山積している問題が多々あります。

そのことについてどう貢献できるかを語れるようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加