転職後の資格取得を入社の条件にできるでしょうか?

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめ

転職後の資格取得を入社の条件に考えるのは止めましょう。自身の転職の理由や企業の関心事であるコンプライアンスなど基本を勉強しておくべきです。

コンプライアンスって?転職時の注意事項まとめのメイン画像

転職後の資格取得を入社の条件にできるでしょうか?

面談もいろいろですが、企業側に転職者が注文をつけるようなことは、ヘッドハンティング案件以外に聞いたことがありません。

転職後の資格取得を入社の条件にはできないと思いますがどうでしょう。

■入社の条件をつけるのは転職者自身ではない。

転職後の資格取得を入社の条件にできるのは、そのような事柄が募集要項にあるときだけです。

おそらく質問者は、転職先が求めている資格を入社してから取得しようと考えているのではないでしょうか。

それほど調子のいい会社はありません。

有資格者が転職の条件なら、取得にチャレンジする程度のことはやっておきましょう。

その上で事情を面接担当者に説明し、入社後の資格取得についてお願いするなら可能性はゼロではありません。

■コンプライアンスに関する資格や経験を大切に。

いま企業ではコンプライアンスについて神経質になっています。

募集要項に書いていなくても、コンプライアンスに関係する資格をもっているなら忘れずに履歴書に書いておきましょう。

それが面談時の交渉に有利に働くかもしれません。

たとえば「ビジネスコンプライアンス検定」があり、通信教育でも取得できる法務関係の資格講座があります。

これらに関する受検経験やチャレンジの体験があるなら、資格は取得していなくても構わないので面談時に話しておきましょう。

■面談では転職者の理由はもちろん、コンプライアンスなど企業の関心事をいろいろ聞かれます。

準備はできていますか?

質問者のあなたがどれほど有能な人かはわかりませんが、ヘッドハンティングされてもいない人が、企業側に入社の条件をつけるなど聞いたことがありません。

それよりも、転職の理由など企業側が質問してくる質問には明確に答えられるでしょうか。

それができなければ、あなたの条件どころではなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加