注目を集めるうちわ

うちわの歴史、うちわが注目を集めている背景

うちわを知りたい

注目を集めるうちわ

昨今の電力不足による節電もあいまって、今、オリジナルの手作りうちわに注目が集まっているようです。

オリジナルのうちわを作りたい場合、販促うちわ印刷などで作ることができます。

うちわは日本では、古くは古墳時代から使用されていたという記録が残っているそうです。

日本のうちわはもともとは中国からもたらされた物であるそうですが、古代エジプトの壁画にも羽うちわの絵が残されているらしく、世界的にも古くから使われていたそうです。

今の日本で、うちわは主に暑さをしのぐために使われますが、昔は虫を追い払ったり、顔を隠したりするために使われていたそうです。

また、戦国時代には、指揮をとるために使われていたこともあり、現在の相撲の行司が使用するうちわにつながっているそうです。

現在のように涼を取るために広く庶民に広がったのは江戸時代に入ってからと言われています。

一転、日本では昭和40年代に入るとエアコンの普及が広がり、うちわの使用は少しずつ減少することとなりました。

しかし、昨今の節電で、エコに暑さを凌げるうちわに注目が集まっています。

それと同時に、色々な手作りうちわの活用方法にも注目が集まっています。

それでは、手作りうちわには一体どんな活用方法があるのでしょうか?ご紹介していきたいと思います。